ニュース & 話題

大雨洪水警報、土砂災害警戒も…橋本市態勢強化

激しい梅雨豪雨により、大雨洪水警報、土砂災害警戒情報が出ている和歌山県橋本市は6月22日午前1時過ぎ、警戒態勢から警戒2号態勢(森川嘉久総務部長ら幹部約30人)に切りかえ、市内の河川、山間地の状況情報を収集するなど、警戒に当たっている。
同地方には、21日午前4時過ぎ、大雨洪水強風雷注意報が出されことから、市内を流れる紀ノ川、玉川(紀伊丹生川)などの水量、山間地の状態などの情報を収集。午後6時には、洪水や山崩れの危険性はないと判断。「警戒態勢」をとっていなかったが、午前0時42分、洪水警報が出たため警戒態勢、さらに22日午前1時15分、土砂災害警戒情報が出たため、警戒2号態勢に切りかえた。
21日夕刻、紀ノ川の南海高野線鉄橋周辺は、前日に比べ水量がかなり増加し、橋本市犬戻の玉川でも、激流となったが、いずれも洪水の危険性はなかった。国城山の山腹から見た橋本の市街地は、大梅雨に煙っていた。
しかし、22日未明、紀ノ川iに注ぐ橋本川が増水。警戒を強めている。
写真(上)は増水した紀ノ川の南海高野線鉄橋周辺。写真(中)は激流となった玉川峡。写真(下)は国城山の山腹から見た橋本市の市街地=いずれも6月21日夕刻

更新日:2012年6月22日 金曜日 02:05

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事