ニュース & 話題

女子レスリング吉田選手ゲスト参加~橋本マラソン

アテネ五輪と北京五輪の女子レスリング55キロ級・金メダリストで、今夏のロンドン五輪に出場する吉田沙保里選手(ALSOK所属)が、2月11日(祝)、和歌山県橋本市北馬場454の橋本市運動公園(ひだまりの郷)とその周辺道路で開かれる第15回記念大会「橋本マラソン」にゲストランナーとして参加する。吉田選手は、警備保障会社のテレビCMでも人気があり、ファンらは「一緒に走れる」「ひと目見たい」などと、期待が高まっている。
橋本マラソン実行委員会が主催、橋本市陸上競技協会と橋本市青少年団体連絡協議会が主管、橋本市体育協会など7団体が協力、橋本市教育委員会が後援する。
橋本マラソンは「走る喜びと人とのふれあいを体験し、気軽に走ることを日常生活に定着させよう」と、1998年から毎年2月に開催してきた。
今回は15回目の節目なので、同実行委員会(矢野勉委員長)が今西重二事務局長の知己である至学館大学(元中京女子大)校長に、同大学出身の吉田選手のゲスト参加を依頼。吉田選手が快諾してくれたという。
種目は▽体力つくりの部(800メートル)▽ファミリーの部(2キロ)、▽2、3、5キロの各部▽ハーフマラソンの部(高校生以上)があり、約1550人が参加を予定している。
当日は午前8時~8時50分に選手受け付け、同9時~9時20分に開会式、競技は同9時40分から始まり、午後1時半に表彰式が行われる。
吉田選手は最初の午前9時40分にスタートする▽3キロメートル小学生の部と、同10時40分にスタートする▽体力つくりの部にゲスト参加することになっている。
橋本市教育委員会では「5年前に1000人未満だった参加者が、今では1500人を超え、大いに盛り上がっています。今回、吉田選手の健脚ぶりは、橋本市運動公園スタート地点で、ご覧になれます」と言っている。
写真(上)は五輪女子レスリング金メダリスト吉田選手。写真(中)は会場の橋本市運動公園。写真(下)は橋本マラソンのチラシより。

更新日:2012年2月9日 木曜日 09:44

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事