ニュース & 話題

〝戦争文庫〟橋本駅でオープン~橋高野球部が協力

    戦争文庫の手伝いをした橋本高校野球部員ら
    戦争文庫の手伝いをした橋本高校野球部員ら
    戦争文庫の手伝いをした橋本高校野球部員ら
    戦争文庫に並べられた図書の数々
    戦争文庫の本に「ゆかいな図書館」のゴム印を押す橋本高校野球部員ら
    戦争文庫の本に「ゆかいな図書館」のゴム印を押す橋本高校野球部員ら

終戦記念日(8月15日)をひかえて、太平洋戦争に関する図書を集めた「戦争文庫」が、8月1日、和歌山県橋本市のJR南海橋本駅にある「ゆかいな図書館」で始まった。31日まで。図書館世話人の阪口繁昭さん(83)は「すべて全国からの〝善意の寄贈本〟です。滅多に読めない本とも、出会えるのではないでしょうか」と、読書を呼びかけている。
阪口さんは、太平洋戦争中、満蒙開拓少年義勇軍の一員。中ソ国境で頭に被弾して、耳が不自由になり、捕虜としてシベリアに抑留され、多くの戦友を亡くしながら、九死に一生を得て帰国した、辛い戦争経験を持つ。
「ゆかいな図書館」は、1998年9月にオープン。小説や詩などの文庫本、単行本など約1500冊を並べる。「持ち帰り自由」なので、残念ながら、返却されない分は、寄贈本で補充している。阪口さんは、当初から、いつか〝戦争文庫〟を開こうと決意。全国の寄贈本の中から、戦争関係の図書だけを整理、保存していた。
この日、県立橋本高校1年の野球部9人(うち女子マネジャー1人)が、世話人に協力。〝戦争の本〟約200冊に、「ゆかいな図書館」というゴム印を押した後、本の大小やシリーズ本などを整理。つぎつぎと本棚に並べた。
図書は、特攻隊員と母娘のことを綴る「ホタル帰る」(赤羽礼子さん、石井宏さん著)や、満蒙開拓少年義勇軍の子どもたちのことを記した「先生、忘れないで!」(陳野守正さん著)、和歌山市空襲について証言する「炎と叫喚の記録」(創価学会青年部反戦出版委員会)、 参謀本部作戦課、関東軍作戦課、このエリート集団が己を見失ったとき、悲劇は始まったとする「ノモンハンの夏」(半藤一利さん著)、戦争にほんろうされたひとりの東北農民、その魂の軌跡をたどり、戦争をたどる「人間の良心」(花烏賊康繁さん著)など、とくに戦争を知らない人たちには、貴重な本ばかり。本棚には、今回に限り「必ず返却を」とする張り紙をした。
橋本高校野球部1年、水口裕喜さん(15)は「戦争については、家族や学校、テレビ、映画で多少知っていますが、戦争は双方とも多くの犠牲者を出すので、悲惨さしかありません。友達もそんな感覚ですよ」と述べた。
また、同部1年マネジャーの南口里奈さん(15)は「戦争は、人命や財産など、大切なものをすべて奪いますから、やっぱりいけないと思います。私も戦争文庫を利用して、もっと戦争について学んでおきます」と話した。
阪口さんは「次回の〝戦争文庫〟は、4年後の〝戦後70年〟を予定しているので、今回、しっかり利用しておいてください」と言っている。

更新日:2011年8月1日 月曜日 13:43

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事