ニュース & 話題

橋本高と智弁和が記念野球、新グラウンド祝完成

    新グラウンドで熱戦を繰り広げた橋本高対智弁和の紅白試合(橋高の攻撃)
    新グラウンドで熱戦を繰り広げた橋本高対智弁和の紅白試合(橋高の攻撃)
    新グラウンドで熱戦を繰り広げた橋本高対智弁和の紅白試合(橋高の攻撃)
    招待した智弁和歌山の野球部と橋本高の野球部が勢ぞろいして行われたグラウンド完成記念式
    橋本高校の野球部員に投球をアドバスする向井委員長(元・毎日オリオンズ投手)
    橋本高校の野球部員に投球をアドバスする向井委員長(元・毎日オリオンズ投手)

ゲリラ豪雨の後でも練習OKというグラウンドが、和歌山県橋本市古佐田の県立橋本高校・古佐田丘中学校に完成し、5月4日、同校創立100周年記念・グラウンド完成記念式を開いた後、橋本高校野球部と智弁学園和歌山高校野球部の〝紅白試合〟で、グラウンドの「こけら落とし」を行った。
同日正午からグラウンドで開かれた式典で、「橋本高校創立100周年記念事業実行委員会」の向井嘉久蔵委員長が、「皆さんの念願のグラウンドができた。しっかり練習して、強いチームになってほしい」と激励。智弁学園和歌山高校野球部の高嶋仁監督が「いいグラウンドの完成、おめでとうございます」と祝辞を述べた。
この後、文字通りの五月晴れの下、橋本高校が先攻、智紅和歌山が後攻で、元気よくプレーボール。真新しいグラウンドで、双方とも、はつらつとしたプレーを展開した。さすがに試合は、6対0で智弁和歌山が圧勝したが、橋本高校も強豪を相手に全力で戦い、すがしい汗を流した。同校の野球部出身で、元・毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリナーズ)投手だった向井委員長は、後輩を相手に自ら投球フォームを披露し、「ボールを放す前に、もう一度、指に力を」などとアドバイスした。
また、向井委員長は「約40年前のある日、強豪・PL学園(大阪)と練習試合が行われることに。ところが、橋本高校のグラウンドは狭いうえ、凸凹だらけでした。監督さんは『選手が負傷しては大変』と驚き、試合を断念、選手を引き連れて、帰ってしまいました。監督さんにば無理のない話ですが、私たちには屈辱でした」と振り返る。「以来、何としてもグラウンド拡張、整備は、学校も生徒も卒業生にとっても、悲願でした」と話し、「こんないいグラウンドで練習すれば、どこででも堂々と戦える心が自然と養われるし、他校からの練習試合の申し込みも増えて、確実に実力がつく」と、完成を喜んでいた。
同校のグラウンドは、最近まで1万3000平方メートル。中学・高校一環校のグラウンドとしては狭いのに、運動部は13部もある。このうち野球部やサッカー部、陸上競技部などは、いつも打球が頭などに当たる危険性をはらんでいた。
しかし、2009年秋、地元協力などを得て、グラウンド拡幅工事に着手。北側へ約2000平方メートル拡張。グラウンドは排水能力を備え、いわゆるゲリラ豪雨に見舞われても、約1時間後には、練習ができるように整備され、バックネット裏には、約300席の観覧スタンドも設けた。北側には、砂入り人工芝のテニスコート場(5面、2900平方メートル)も新設した。
同校は1911年(明治44)、橋本町立実科高等女学校として創立。18年(大正7)に伊都郡立高等女学校、戦後の教育改革に伴い、48年(昭和23)に県立高校となり、06年(平成18)に古佐田丘中学校を併設、現在に到っている。

更新日:2011年5月4日 水曜日 16:05

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事