ニュース & 話題

2011年7月20日 水曜日 11:12

〝全開架式〟図書館です~橋本で改修オープン

〝全開架式〟図書館です~橋本で改修オープン

和歌山県橋本市東家の橋本市図書館(秋宗正男館長)が、すべての図書の背表紙が見える〝開架式閲覧〟の図書館として生まれ変わり、7月20日、改修オープンした。木下善之市長や市議会文教厚生委員会の土井裕美子委員長ら5人がテープカットして祝い、秋宗館長は「閲覧しやすくなったので、おおいに利用してください」と話… 続きを読む

2011年7月17日 日曜日 22:35

口筆書画・順教尼をマンガ化~「協賛」呼びかけ

口筆書画・順教尼をマンガ化~「協賛」呼びかけ

両腕のないハンディを克服し、口に筆をくわえて書画を表し、〝身体障がい者の母〟と呼ばれる大石順教尼(本名=よね=1888~1968年)の生涯を描いた漫画「祖母(ばば)さまのお手は だるまのお手て」が、京都精華大学事業推進室「大石順教尼かなりや会」マンガ制作委員会によって制作されることになった。来年4月2… 続きを読む

2011年7月16日 土曜日 09:06

木版画は出会いの結晶~日本板画院同人・巽さん

木版画は出会いの結晶~日本板画院同人・巽さん

「ムナと大きな声を発し一息に、私の差し出した図録の裏表紙いっぱい、墨黒々と棟方の棟の一字をサインして下さった。それは棟方志功先生だった。それはもう20余年も前の美術展会場での出来事…」。 これは、和歌山県橋本市妻の木版画家・巽好彦さん(76)が1993年、棟方さん創設の日本板画院同人に推挙された時の、… 続きを読む

2011年6月16日 木曜日 21:54

熊野川アユ工房を設置~「うまいよ」森岡さん

熊野川アユ工房を設置~「うまいよ」森岡さん

熊野川の天然アユや、手長エビを、おいしく食べてもらい、川漁師の収入に結びつけば…と、和歌山県橋本市隅田町芋生、元橋本市職員・森岡康次さん(60)は、地元にアユ工房、新宮市熊野川町日足に作業所を立ち上げた。森岡さんは、川漁師から仕入れ、自ら水揚げした天然アユや、手長エビを、生のままか真空パック詰めにして… 続きを読む

2011年6月9日 木曜日 18:38

桂一門の話芸で地方活気~中西さん主催15年

桂一門の話芸で地方活気~中西さん主催15年

伊都・橋本地方を「楽しい笑いのまちに」と、和歌山県橋本市隅田町中島の割烹「勝一」亭主・中西修さん(69)は、1996年から、人間国宝・桂米朝さんをはじめ桂一門の落語家に来てもらい、郷土で地方寄席を開催。市民から「わざわざ、大阪まで行かなくても、存分に笑える」と喜ばれている。 15年前、割烹「勝一」の… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事